街並み

進化?退化?変わっていく池袋

先日、池袋に行ったのですが、本当に街がどんどんと変わっていくのに付いていけません。


昔を知る方であれば、池袋も新宿などと同じく宿場町として始まった街ですが、戦後の「闇市」でその存在を大きく変えていきました。


新宿には、今だに「思い出横丁」(昔は、ションベン横丁でしたが)の様な昔を偲ぶ、横丁があるのですが、池袋は、ドンドンと開発がされてしまい、他の街とは異なる発展を遂げています。


           池袋の夕方の空

一時期、家電戦争として注目を浴びていた東口のヤマダ電機とビックカメラですが、この辺は、区役所もあったりとしますが、不思議と風俗店も多かったりします。


池袋は、朝霞駐屯地があった事と鉄道の乗り入れがあるターミナルであった事が関係して、闇市が発展したのですが、闇市自体は、今の池袋西口公園にあり、今では、東京芸術劇場もある、文化的な場所になっています。


その対角線上にある区役所近辺に風俗店が多いのが、昔から不思議で仕方ありません。
因みに、その昔、線路沿いの池袋駅前公園近くにワゴンタイプの車が止まっており、駅前で捕まえてきた人に占いをする行為をしている方々がいました。


勿論、水晶とか謎のパワーストーンを売っていましたが、今でもいるのかと覗いてみましたが、流石にいませんでした。



Filed under: 雑談 — 18:03:00